Audi Safety & Driver Assistance

乗員を見守り安全に導くAudiの数々の先進機能

 

 

Audiの先進技術は、発進から走行中、夜間や雨天時、駐車、降車時の安全確認や視界確保、自動ブレーキやステアリングのアシストなど、ドライブ中のあらゆるシーンに目を光らせています。どれほど気をつけていても、人間は死角に潜む危険の見落としや一瞬の不注意、不適切な操作などのミスから逃れられません。Audiの先進機能はそれを的確にサポート。安全で快適なカーライフを実現します。

※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください

1. 発車時の機能

リヤクロストラフィックアシスト

後退出庫時に死角の安全確認をクルマがアシスト。バックで車庫などから出る時、センサーで左右から近づくクルマなどを感知してMMI®ディスプレイに表示し、必要に応じて警告音やブレーキペダルの振動でも知らせます。

2. 走行時の機能

トラフィックジャムアシスト

渋滞時の速度調整とステアリング操作をアシスト。0km/h-65km/hで走行する渋滞などの状況で、前方車両との車間距離を適切に保ちながら、停車や3秒以内の再スタートまで制御。車線を逸脱しないよう、ステアリング操作もアシストします。

アダプティブクルーズコントロール

クルマの流れに乗って速度を自動調整。0km/h-250km/hの範囲で設定した速度を保つほか、設定した速度で前方車両に追いつくと、安全な車間距離を自動的に調整して追従します。ロングドライブの疲れを軽減します。

アクティブレーンアシスト

約65km/h-250km/h* で走行中、ウインカーを点けずに車線をはみ出しそうになると、警告を発するとともにステアリングを優しく修正して車線内に戻します。

Audiサイドアシスト

後方の死角を見張って車線変更の安全をサポート。15km/h-250km/hで走行中に、70m以内の後方から急速に接近する車両や死角を走行する車両があると、ドアミラーに内蔵されたLEDライトが点灯します。

ターンアシスト

交差点などでの右折時に対向車両の接近をセンサーで感知し、システムが危険と判断するとブレーキが自動的に作動します。大型車の陰に隠れた後続車の見落としなどのリスクを軽減します。

Audiプレセンスリヤ

後方から追突される可能性があると、フロントのシートベルトを自動的に巻き上げて乗員の注意を喚起。ウインドウやサンルーフ(オプション)も閉まり、ハザードランプが点滅して周囲のクルマに注意を促します。エグジットワーニングとリヤクロストラフィックアシストも起動して、後方からの様々な危険を知らせます。

アウディプレセンスシティ

自動ブレーキとステアリングアシストで衝突を最大限に回避。約85km/hまでの速度で、周囲のクルマや歩行者との衝突の危険があると、表示と音でドライバーに警告し、必要に応じた強さの自動ブレーキが作動します。

3. 駐車時の機能

パークアシスト

車庫入れのステアリング操作をクルマが代行。駐車可能なスペースを超音波センサーで探知。駐車の完了までステアリングを自動操作します。

サラウンドビューカメラ

4台の広角サラウンドビューカメラが撮影した、車両の全周囲360°の画像を合成し、全方位からのビューを表示。様々な角度からの映像を映し出すことで駐車時の操作がより簡単になります。

パーキングシステム

前後の障害物を表示して駐車時の安全確認をサポート。前後バンパーに内蔵された超音波センサーが障害物を感知してMMI®ディスプレイに表示し、駐車スペースからの出入車が楽に行えます。

エグジットワーニング

降車時に後方から接近するクルマや自転車があると、ドアハンドル近くのLEDとドアミラーの警告灯が点灯。非常に危険な状況では、より明るいLEDが激しく点滅します。エンジン停止後も約3分間機能。油断しがちな降車時の後方確認不足や見落としを防ぎ、最後まで楽しいドライブをサポートします。

4. 夜間 / 荒天時の機能

マトリクスLEDヘッドライト

周囲を眩惑せずに前方を明るく照らす10億通りの自動配光。照射パターンはじつに約10億通りにおよび、前走車や対向車を眩惑することなく、明るい前方視界を保ちます。ナビと連携してコーナーの先を照らす機能も装備しています。

ハイビームアシスト

対向車のヘッドライトや前走車のテールライト、市街地の光源などをシステムが検知。状況に応じてハイビームとロービームを自動的に切り替えます。可能な限り明るいハイビームを保ちながら、周囲への眩惑を防ぎます。

ナイトビジョン

熱を感知する赤外線カメラで歩行者や動物をいち早く発見。歩行者や大型動物などの発熱体は黄色で強調表示され、それが動いたり、危険な距離と判断すると赤色に変化して警告表示と音で注意を喚起。夜間の安全性を向上します。

5. 常時使用することができる機能

バーチャルコックピット

メーターパネル全体を12.3インチの高精細液晶モニターで構成。スピードメーターなどの運転に必要な計器とともに、オーディオ・電話の操作画面やナビゲーションの地図などを見やすく表示します。画面のレイアウトはステアリングのスイッチで切り替えることができ、運転に集中しながら、必要な情報を瞬時に得ることができます。

Audiスマートフォンインターフェイス

スマートフォンとAudiをUSBを介して接続。車載のMMI®ディスプレイに使い慣れたスマートフォンのインターフェイスがそのまま表示され、電話や選曲などの操作も迷うことなくできます。

connect

インターネットを始めとするネットワークとAudiが接続。目的地を素早く検索したり、最新ニュースや天気予報のチェックが可能です。Wi-Fiホットスポットとしても機能し、走行中でもノートパソコンやタブレット、スマートフォンを車内で快適に操作いただけます。

Audiの自動運転

Piloted Driving

Audi がリードする自動運転の世界

Audiは15年以上も前から将来の自動運転社会を見据えた研究・開発をスタートし、着実に実績を積み重ねています。誰もが気軽に安全に移動できる社会の実現に向けて、これからも自動運転技術開発の先頭に立ち、安全性と効率性を高め、この変革をAudiはリードしていきます。